とある大阪の風景。

Home > [史跡] 墓所

2018.02.01 Thu 源頼信の墓

(羽曳野市通法寺)

minamotonoyorinobuDSC_0194.jpg

源頼信の墓(みなもとのよりのぶのはか)
源満仲の三男・頼信の墓所。関白の藤原道兼・藤原道長に仕え、諸国の受領や鎮守府将軍などを歴任。平忠常の乱で活躍し河内源氏の礎を築きました。永承3年(1048)4月17日没。享年81。

[More...]

スポンサーサイト

2018.01.31 Wed 源義家の墓

(羽曳野市通法寺)

minamotoyoshieDSC_0179.jpg

源義家の墓(みなもとのよしいえのはか)
史蹟源家三代墓・源義家墓。源頼義の長男で、八幡太郎(はちまんたろう)の通称でも知られる源義家。前九年の役の時、頼義に従い反乱を鎮圧し武功をあげ、後三年の役の活躍で名声は不動のものとなります。嘉承元年(1106)7月4日、京の邸宅で死去。

[More...]

2018.01.30 Tue 源頼義の墓

(羽曳野市通法寺41)

minamotonoyoriyoshiDCIM1356.jpg

源頼義の墓(みなもとのよりよしのはか)
通法寺跡のすぐ近くに在る源頼義朝臣之墓。ここ羽曳野市壺井に生誕した源氏の御曹司・頼義は、今昔物語集などにその武勇譚が記載されるほどの武者でした。承保2年(1075)7月13日没。享年88。

[More...]

2018.01.19 Fri 聖徳太子御廟(叡福寺北古墳)

(太子町太子2148)

syotokutaishiDCIM1131.jpg

聖徳太子御廟(しょうとくたいしごびょう)
叡福寺にある聖徳太子(厩戸皇子)の墓所。第33代・推古天皇の摂政として十七条憲法の公布や冠位十二階の制定、遣隋使の派遣など辣腕を振るいます。日本書紀によると推古29年(621)49歳の若さで亡くなり、前日に亡くなった妃の膳部菩岐々美郎女と、2ヶ月前に亡くなった母の穴穂部間人皇女と共にこの場所(三骨一廟)に葬られました。

[More...]

2018.01.11 Thu 道祖小野妹子墓

(太子町山田)

ononoimokohakaDCIM0822.jpg

道祖小野妹子墓(どうそおののいもこぼ)
7世紀に聖徳太子によって隋へ2度派遣された遣隋使として著名な飛鳥時代の官人・小野妹子さんの墓所。地元では「いもこさん」と呼ばれ親しまれているそうです。

[More...]