とある大阪の風景。

Home > [史跡] 顕彰碑 > 富島渡船場跡

2017.08.06 Sun 富島渡船場跡

(福島区野田1)

tomijimatosenDCIM0040.jpg

富島渡船場跡(とみじまとせんじょうあと)
安治川にある富島渡し跡。明治18年(1885)の淀川大洪水被害で橋が被災し、以来この付近に橋が架けられることがなくなり、個人営業で始められた渡しが交通手段でした。明治40年(1907)に大阪市営となり、大阪中央卸売市場が開設されてからは仕入れに通う商人の渡しとして活躍。昭和57年に姿を消しました。
tomijimatosenDCIM0042.jpg

tomijimatosenDCIM0038.jpg

碑の横にあるポッキリ折れた共同荷揚?と彫られた石柱

tomijimatosenDCIM0045.jpg

川の対岸に見えるのは大阪中央卸売市場

tomijimatosenDCIM0054.jpg

安治川





 
関連記事
スポンサーサイト

Comments

name
comment
ゆーしょー : URL ポチ♪

#mQop/nM. Edit  2017.08.06 Sun 16:11

こんにちは。
大阪にもたくさんの渡船場があったのですね。
これは安治川の富島渡船場の跡なのですね。
和歌山にも紀の川に何ヶ所かの渡船場がありました。
勿論、乗ったことがあります。

とある大阪 : URL

#- 2017.08.07 Mon 00:30

>>ゆーしょーさんこんばんは!

川の都だけに大阪は渡し船が多かったようです。今でも不便な場所がありますから渡し船が活躍しています。和歌山にも大きな川がありますから渡し船が活躍したでしょうね(´Д`)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可