とある大阪の風景。

Home > [史跡] 顕彰碑 > 初代大坂船奉行所跡

2017.08.12 Sat 初代大坂船奉行所跡

(此花区梅香1-26)

osakafunabugyouDCIM0084.jpg

osakafunabugyouDCIM0132.jpg

初代大坂船奉行所跡(しょだいおおさかふなぶぎょうしょあと)
元和6年(1620)徳川幕府はここ四貫島村に船奉行所を設置します。伝法川から逆川を経て大坂市中へに向かう西国諸国船の通行を幕府は監視しました。
osakafunabugyouDCIM0092.jpg

osakafunabugyouDCIM0105.jpg

碑のド下手な文字の主は橋本徹・元大阪市長

osakafunabugyouDCIM0138.jpg

osakafunabugyouDCIM0127.jpg

六軒家川に架かる朝日橋のたもとに碑はあります。





 
関連記事
スポンサーサイト

Comments

name
comment
ゆめ : URL こんにちは。

#- 2017.08.12 Sat 10:05

船のルートにも関所があったんですね。初めて知りました。
秀忠の時代ですね。バッチリ、大坂を見張ってる。
国道43号線から朝日橋を渡るルートは、昔よく走りました。
朝日橋のたもとに、こういうものがあるとは思いませんでした。

ゆーしょー : URL ポチ:ポチ♪

#mQop/nM. Edit  2017.08.12 Sat 21:32

こんばんは。
船奉行という奉行があったのですね。
知らなかったです。
町奉行はよく聞きますが、
色んな奉行があったのですね。

とある大阪 : URL

#- 2017.08.13 Sun 11:22

>>ゆめさんこんにちは!

この碑は橋本元市長書とあることからまあまあ最近(在任中)に出来たみたいですね。ゆめさんが走っていた頃には無かったのかもしれませんね(;´Д`)

とある大阪 : URL

#- 2017.08.13 Sun 11:23

>>ゆーしょーさんこんにちは!

船奉行所ってあまり聞かないですよね。どんな関所があってどう監視していたのか気になる所です(゜∀゜)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可