とある大阪の風景。

Home > [史跡] 顕彰碑 > 南瓦屋町の瓦工房

2017.10.13 Fri 南瓦屋町の瓦工房

(中央区瓦屋町1〜3)
大阪市顕彰史跡第221号

minamikawarayamachiDSC_0057.jpg

南瓦屋町の瓦工房(みなみかわらやまちのかわらこうぼう)
江戸時代、御用町人の代表格である寺島氏は先祖が紀伊国粉川寺島(和歌山県紀の川市)出身の瓦職人頭で、豊臣時代・徳川時代と御用瓦師として独占的な地位を確立しました。瓦屋町の名称もこれに由来します。
minamikawarayamachiDSC_0051.jpg

「南瓦屋町の瓦工房」摂津名所図会より

minamikawarayamachiDSC_0061.jpg

minamikawarayamachiDSC_0064.jpg

二代目寺島惣左衛門休清は大坂夏の陣で家康の茶臼山陣場の御用掛を勤め、南瓦屋町に46,000坪の土地を拝領し大坂城の再建にも尽力しました。





 
関連記事
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可