とある大阪の風景。

Home > [史跡] 顕彰碑 > 通法寺跡

2018.01.28 Sun 通法寺跡

(羽曳野市通法寺41)

tsuuhoujiDCIM1334.jpg

通法寺址(つうほうじあと)
長久4年(1043)源頼義(みなもとのよりよし)が千手観音像をみつけ、館の南に精舎を建立し通法寺と号したのがはじまりです。南北朝時代戦火により焼失。元禄13年(1700)徳川綱吉が再建。明治6年(1873)門、鐘楼以外は取り壊されました。
tsuuhoujiDCIM1326.jpg

通法寺山門

tsuuhoujiDCIM1328.jpg

tsuuhoujiDCIM1336.jpg

tsuuhoujiDCIM1379.jpg

tsuuhoujiDCIM1360.jpg

鐘楼跡

tsuuhoujiDCIM1364.jpg

tsuuhoujiDCIM1380.jpg





 
関連記事
スポンサーサイト

Comments

name
comment
ゆーしょー : URL ポチ:ポチ♪

#mQop/nM. Edit  2018.01.28 Sun 20:49

こんばんは。
羽曳野市にある通法寺跡の石碑ですね。
羽曳野市にもたくさんお寺があったのですね。

とある大阪 : URL

#- 2018.01.29 Mon 00:34

>>ゆーしょーさんこんばんは!

通法寺は廃寺となりましたが、山門や敷地がそのまま残っているので中々珍しいかもしれません(;´Д`)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可