とある大阪の風景。

Home > [史跡] 顕彰碑 > 當岐麻道越の歌碑

2018.02.04 Sun 當岐麻道越の歌碑

(羽曳野市)

tagimajigoenokahiNEC_0394.jpg

當岐麻道越の歌碑(たぎまじごえのかひ)
履中天皇(去来穂別皇子)が弟の住吉仲皇子の反乱にあい難波から河内を経て大和に逃れるためにこの辺りを通った時の出来事が歌碑となっています。當岐麻とは現在の奈良県葛城市当麻。
tagimajigoenokahiNEC_0390.jpg

tagimajigoenokahiNEC_0396.jpg

履中天皇(去来穂別皇子)が詠んだ歌
「大坂に 遇ふや少女を 道問へば 直ちに告らず 當岐麻を告る」
大阪で出会った少女に道を尋ねると武器を持った兵がいる真っ直ぐ行く道を答えずに回り道の当麻への道を答えてくれた

tagimajigoenokahiNEC_0402.jpg

tagimajigoenokahiNEC_0404.jpg





 
関連記事
スポンサーサイト

Comments

name
comment
ゆーしょー : URL ポチ:ポチ♪

#mQop/nM. Edit  2018.02.04 Sun 18:31

こんばんは。
この石碑には短歌が書いているのですね。
昔の文字は、私にはとても読めないです。

とある大阪 : URL

#- 2018.02.05 Mon 00:31

>>ゆーしょーさんこんばんは!

そうです側面に履中天皇が詠んだ歌が刻まれています。でもこれ説明板が無いと全然読めませんよね!(;´Д`)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可