とある大阪の風景。

Home > [史跡] 顕彰碑 > 大阪大国技館跡と元相撲茶屋

2018.02.09 Fri 大阪大国技館跡と元相撲茶屋

(城東区古市2)

osakadaikokugikanDCIM0479.jpg

大阪大国技館跡と元相撲茶屋
(おおさかこくぎかんあとともとすもうぢゃや)

昭和12年(1937)3月に完成した大阪大国技館(大阪関目国技館)は、コンクリート4階建ての洋風ドーム建築で建坪3,000坪、敷地6,000坪、収容人員25,000人の規模で両国国技館よりも大きい施設でした。昭和16年(1941)太平洋戦争勃発のため相撲興行は中断し解体されるまで倉庫に転用されます。
osakadaikokugikanDCIM0481.jpg

大阪大国技館

osakadaikokugikanDCIM0483.jpg

実際に相撲興行(準本場所)が打たれたのは計7回だけだったようです

osakadaikokugikanDCIM0484.jpg

二階を力士の宿舎とする元相撲茶屋

osakadaikokugikanDCIM0494.jpg

osakadaikokugikanDCIM0475.jpg

大阪大国技館はここ城北川沿いにあったようです。

【関連】
大阪国技館跡





 
関連記事
スポンサーサイト

Comments

name
comment
ゆーしょー : URL ポチ:ポチ♪

#mQop/nM. Edit  2018.02.09 Fri 20:56

こんばんは。
大阪大国技館が城東区のこの地にあったのですね。
大きい建物だったのですね。

とある大阪 : URL

#- 2018.02.10 Sat 00:22

>>ゆーしょーさんこんばんは!

そうですかなり大きかったようですね。新世界にあった国技館も戦火で焼失していますし大阪にあった国技館の運命はなんともいたたまれませんね(;´Д`)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可