とある大阪の風景。

Home > [史跡] 顕彰碑 > 勿入渕跡

2018.03.31 Sat 勿入渕跡

(大東市諸福6)

nairisonofuchiDCIM0080.jpg

勿入渕跡(ないりそふちあと)
平安時代、大東市から東大阪市にかけて大きな池があり、勿入渕(ないりそのふち)と呼ばれていました。清少納言の枕草子のなかで「ないりその渕。たれにいかなる人のをしへけむ。」と記されています。
nairisonofuchiDCIM0073.jpg

nairisonofuchiDCIM0084.jpg

nairisonofuchiDCIM0089.jpg

nairisonofuchiDCIM0092.jpg

大阪平野の上町台地より大東市にかけては地形的に低く、縄文時代では河内湾、弥生~古墳時代には河内湖が広がり古事記には「日下江」とあり、この地域一帯には古来より大きな水域が広がっていました。現在その名残は見る事は出来ません。





 
関連記事
スポンサーサイト

Comments

name
comment
ゆーしょー : URL ポチ:ポチ♪

#mQop/nM. Edit  2018.03.31 Sat 23:09

こんばんは。
勿入渕とは難しい文字です。
ないりそのふちと読むのですね。

ゆーしょー : URL ポチ:ポチ♪

#mQop/nM. Edit  2018.04.01 Sun 22:29

こんばんは。
応援です。

とある大阪 : URL

#- 2018.04.02 Mon 00:09

>>ゆーしょーさんこんばんは!

中々の難読漢字ですよね。そもそも渕というのの定義が・・・あまり聞く事も使う事も普段少なく曖昧です(;´Д`)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可