FC2ブログ

とある大阪の風景。

Home > [史跡] 顕彰碑 > 青湾の碑

2015.09.15 Tue 青湾の碑

青湾(せいわん)とは淀川の小湾のこと。
(都島区中野町1-10)

seiwanDCIM0002.jpg

seiwanDCIM0007_201509160746023ab.jpg

青湾碑。
その昔、豊臣秀吉は淀川の水が澄みきって清らかであることから、小湾を設け青湾と名づけました。そこの水を茶の湯に用い、多くの茶人にも愛用されたと言います。
seiwanDCIM0009.jpg

裏面は漢文で説明という素敵仕様

seiwanDCIM0004.jpg

この碑は、文久2年(1862年)茶を愛した文人画家・田能村直入(たのむらちょくにゅう)が建てたそうです。

seiwanDCIM0012.jpg

seiwanDCIM0014.jpg

【関連】





A8.net


 
関連記事
スポンサーサイト



Comments

name
comment
丹後のきんちゃん : URL

#- 2015.09.17 Thu 06:55

淀川を青湾とは。当時の川の様子が思い浮かぶネーミングです。広さ、色。淀川は川というより、大阪湾の一部のような感じですかね。「悲しい色やね」という歌が連想されました。

とある大阪 : URL

#- 2015.09.21 Mon 02:36

>>丹後のきんちゃんさん今晩は!

当時の淀川は、地形も違っていたでしょうし、やはり飲料水にする程キレイなものだったのでしょうね。正直今の大阪の川は、どこも汚染レベルですが、それでも以前よりは良くなっているとかいないとか。まあ厳しい事に変わりはないですが・・・(; ^ω^)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可