FC2ブログ

とある大阪の風景。

Home > [史跡] 顕彰碑 > 霰松原

2016.04.23 Sat 霰松原

大阪市顕彰史跡第94号
万葉集に登場する史跡
(住之江区安立2-11)

ararematsubaraDCIM1021.jpg

紀州街道沿いにある霰松原公園

ararematsubaraDCIM1030.jpg

霰松原(あられまつばら)
万葉集の巻一、天武天皇の第四皇子・長皇子が詠む歌に登場する霰松原。
奈良・平安時代、この一帯は海岸線、白砂青松(はくしゃせいしょう)な場所で、松風が霰を吹きつけるように響いたことから霰松原と呼ばれたそうです。

※白砂青松=美しい松原(黒松)をともなった海岸線の風景。
ararematsubaraDCIM1059.jpg

「霰打つ あられ松原 すみのえの 弟日おとめと 見れど飽かぬかも」
長皇子歌碑

ararematsubaraDCIM1063.jpg

ararematsubaraDCIM1057.jpg

公園内にある霰松原神社(天水分豊浦命神社)

ararematsubaraDCIM1044.jpg

現在は海も無く、松も無く、大きな楠木が立っています。

【関連】






 
関連記事
スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可