FC2ブログ

とある大阪の風景。

Home > [史跡] 顕彰碑 > 都島区由来記

2017.04.30 Sun 都島区由来記

(都島区網島町11)

miyakojimayuraikiNEC_0907.jpg

都島区由来記(みやこじまくゆらいき)
都島由来記とも。縄文時代、都島区一帯は淀川・旧大和川河口あたりの砂州(さす)で、この地に人が住み始めたのは平安時代以降のことです。都島の地名は、難波宮の近くであったことから名づけられた説と、長柄豊崎宮の東岸(向かい側)に位置していたことから宮向島(みやこうじま)という名が転訛したという説があります。
miyakojimayuraikiNEC_0911.jpg

miyakojimayuraikiNEC_0909.jpg

miyakojimayuraikiNEC_0914.jpg

豊臣秀吉の時代には京橋周辺が京街道の宿場町として栄え始め、江戸時代に入ると農村地帯として開墾され始めたそうです。

【関連】
京街道の碑





 
関連記事
スポンサーサイト



Comments

name
comment
ゆめ : URL こんにちは。

#- 2017.04.30 Sun 20:10

都島辺りは、縄文時代には淀川河口の砂州だったんですね。
天満橋辺りは、平安時代頃 渡辺の津という外港があったそうで、住吉大社の辺りも高砂の松と夫婦の松がある浜辺だったというから・・・大阪湾は、今よりずいぶん広かったんですね。

ゆーしょー : URL ポチ♪

#mQop/nM. Edit  2017.04.30 Sun 21:27

こんばんは。
都島の名前の由来は2説あるのですね。
いい勉強になりました。

とある大阪 : URL

#- 2017.05.01 Mon 00:33

>>ゆめさんこんばんは!

かつては上町台地以外はほぼ島か海という感じだったんですね。大阪は海抜が低い場所が多いのも納得でそう考えると災害は、特に浸水は怖いですねえ(;´Д`)

とある大阪 : URL

#- 2017.05.01 Mon 00:37

>>ゆーしょーさんこんばんは!

名称の由来って説がいくつかあるとか不確かな事が多いのが困りものですね(;´Д`)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可