とある大阪の風景。

Home > [史跡] 顕彰碑 > 後醍醐天皇行在所跡

2017.05.16 Tue 後醍醐天皇行在所跡

(平野区平野本町3-4-23)

godaigotennoanzaisyoatoDCIM0285.jpg

後醍醐天皇行在所跡(ごだいごてんのうあんざいしょあと)
長寳寺(ちょうほうじ)の山門に建つ碑南北朝時代、後醍醐天皇が大和国・吉野(奈良県)に向かう途中にこのお寺を仮の皇居とします。
godaigotennoanzaisyoatoDCIM0283.jpg

godaigotennoanzaisyoatoDCIM0292.jpg

godaigotennoanzaisyoatoDCIM0287.jpg

長寳寺創建は坂上田村麻呂の娘で、平野庄領主・坂上廣野麻呂の妹・坂上春子(慈心大姉)です。春子は桓武天皇の妃でもあります。延暦25年(806)桓武天皇が崩御すると春子は空海(弘法大師)に帰依し出家。





 
関連記事
スポンサーサイト

Comments

name
comment
ゆーしょー : URL ポチ:ポチ♪

#mQop/nM. Edit  2017.05.16 Tue 21:32

こんばんは。
このお寺は、後醍醐天皇の行在所だったのですね。
歴史の勉強で、一番早く覚えた天皇は、後醍醐天皇でした。

とある大阪 : URL

#- 2017.05.17 Wed 02:50

>>ゆーしょーさんこんばんは!

そういえば歴史の勉強で後醍醐天皇という響きが一番頭に残っているかもしれません。勿論内容は一切合切忘れてしまっていますが・・・(; ^ω^)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可